2019-07-18

【2019年版】カフェで使うマイボトル・タンブラーにはこれ!デザイン重視でおすすめをまとめてみました!

おじ
どうも、おじです。(@おじのツイッター)
つるちゃん
つるちゃんだよ!(@つるちゃんのインスタ)
おじ
最近はエコの観点からマイタンブラーを持ち歩くことが流行ってきているけどもどれを選んで良いかわからないって人が多く感じるんだよ。
つるちゃん
「タンブラー おすすめ」「ボトル おすすめ」と調べても胡散臭いサイトが多いよね
おじ
そこでおじは思ったのだよ!僕みたいな専門家がおすすめボトルのまとめをしてみようってね。
つるちゃん
くーっ!おじ、かっこいーー!

マイタンブラー・ボトルのおすすめをまとめてみる

個人的に仕事柄この手の商品の知識は一般の人よりもあると自負しております。そんな中タンブラーやボトルについて何も知らない人がネットで検索する場合に何がおすすめされるんだろうか?とふと思ったときに検索してみたのですが、まーーっ!なんじゃこれ!ってものばっかりでして。

一貫性のないおすすめばかりだし、量販ぽいものが多くてこんなのおしゃれじゃない。これは何も知らない方が騙されているんじゃないかと思いまして。じゃあこの際、インテリアショップやネットショップとのお付き合いのある僕が持てる知識をフル導入してそれをシェアした方が良いじゃないかと思いこの記事を書いてみました。

デザイン・手入れのしやすさ・機能

今回の評価基準は第一にデザイン、第二に手入れのしやすさ、第三に機能という面でチョイスしています。マイタンブラーは手に届くところに出して置いておくことが多いと思うのでデザインは一番重要です。カフェでかっこいいボトルを側に置いて作業とかしてみたいじゃないですか。その絵がなんとも言えないくらいかっこいいんですよね。なので、デザインは個人的に最重要。

その次に重視するのは手入れのしやすさ。見た目が良くても洗いにくいものは毎日の手入れを考えると利用するのに長続きしないですからね。

そして最後に機能面。機能については電子機器じゃないのでそれほどまで重要視していませんが、重要なところはしっかりと抑えておきます。

今回は使い勝手の良いステンレスボトル部門、ジムなどの運動時に良さそうなプラスチックボトル部門、お子さんの利用に最適な子供用ボトル部門、カフェや車内での利用に最適なタンブラー部門の4つの視点でご紹介いたします。

予備知識

評価点について

評価は各点★をつけて3段階で評価していきます。★が多いほどその評価が高いという意味になります。

マイボトルを利用すべきお店

ここのサイトがマイボトル・タンブラーを利用した時に値引きをしてくれるお店をまとめてくれています。お近くにこれらのお店があるのかチェックしてみましょう!

サイズ感の例にスタバとローソンを

スタバとローソンで各サイズの容量がどれくらいなのかを下記に示しておきます。普段飲むサイズがどれくらいの容量なのか確認してみましょう。

【スタバの場合】

  • ショート:240ml
  • トール :350ml
  • グランデ:470ml
  • ベンティ:590ml

【ローソンの場合】

  • ホットコーヒーS:160ml
  • ホットコーヒーM:160ml
  • ホットコーヒーL:300ml
  • カフェラテM:170ml
  • カフェラテL:230ml
  • アイスコーヒーS:240ml
  • アイスコーヒーM:295ml
  • アイスカフェラテ:310ml
Advertisements

オールマイティなステンレスボトル部門

この部門のそれぞれの評価基準は

  • デザイン :カラバリを含めたかっこよさについて
  • 手入れ    :洗う時を考えて(食洗機利用も含む)
  • 機能       :保温・保冷機能について

という基準で評価していきます。

【キントー】トラベルタンブラー

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★☆

個人的に一番はなんと言ってもこのキントーのトラベルタンブラーです。見た目もシンプルで良し、カラバリも豊富、口が広いため手入れも簡単、真空二重構造のため保温・保冷もしっかりと行うと3点が揃っています。

飲み口のところもしっかりと隠れる仕様になっているので女性の口紅が飲み口についてしまうのを隠せたりします。僕も使用していて詳しくレビューしている記事がありますので、詳細はそちらからどうぞ。

見た目も良く機能も良しなステンレスボトル。その名はトラベルタンブラー

【CBジャパン】カフアコーヒーボトル

  • デザイン :★★☆
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★☆

コーヒー専用のボトルとして開発されているこのボトルは他の飲み物を入れてももちろん効果を発揮します。というのもボトルの内側はフライパンでもおなじみのテフロン加工が施されており、ニオイ移りや汚れの付着などが普通のステンレスよりもしにくくなっているため手入れが簡単な仕様となっております。

コーヒーを使用する設計のため飲み口が広く作られていることから洗うのも簡単で、なおかつ香りも楽しめます。真空二重構造のため温度もしっかりとキープ。また、サイズ展開も2サイズ、カラバリも6種類と選びたい放題です。

【RIVERS】バキュームフラスク ステム

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★☆☆
  • 機能       :★★★

日常からアウトドアでの利用を想定しているこのボトルの最大の特徴はその軽さ。見た目の割に200g程度の重さとめちゃくちゃ軽いのです。

ボトルの内側も電解研磨という特殊な加工がされているためニオイや汚れが付着しにくい仕様となっております。それでいて温度もしっかりとキープします。

一つ欠点というならば飲み口が狭まっているため、少しだけ洗いにくいという点です。

STANLEY マスター真空マグ

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★★

とにかく見た目が超かっこいい。本格派な方、もしくはアウトドア好きな方にぴったりなタンブラーです。表面もマットな加工がしているため、扱いやすいですし、飲み口の広さからスープボトルとしての利用も可能です。

各パーツも細かく分かれるため手入れもしやすいですし、真空断熱構造のため、真空二重構造のタイプのものよりも保温保冷も長くキープしてくれます。

しかも、スタンレーは生涯保証付きなので1台あればずーっと長く利用することができるので、一家に一台はほしいところ。

【THERMOS】真空断熱マグ

  • デザイン :★☆☆
  • 手入れ    :★★☆
  • 機能       :★★★

見た目はあまりかっこよくないのですが、保温・保冷機能に関してはサーモスの右に出るメーカーはありません。朝7時に暖かいお茶を入れたのに、夜7時に飲んだら未だに火傷しそうなくらい熱いんだもん。

食洗機にかけてしまうと表面の塗装が剥げてきてしまうなど、使い勝手などでちょっと減点ですが、機能は最強です。

Advertisements

スポーティなプラスチックボトル部門

この部門のそれぞれの評価基準は

  • デザイン :カラバリを含めたかっこよさについて
  • 手入れ    :洗う時を考えて(食洗機利用も含む)
  • 機能       :持ち運びやすさ、強度、付帯効果について

という基準で評価していきます。

【キントー】ワークアウトボトル

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★☆

個人的には運動時にはこれしかないっていうほどのボトルです。横にメモリがついているので、プロテインや粉のスポーツドリンクなんかも混ぜやすい設計になっています。

それでいて横のメモリの主張がほとんどないのでそのデザイン性も保っています。飲み口も口が当たるところにはキャップのねじれがないので、口当たりも良いといいところづくしです。

このボトルに関しては個別の記事を作成しておりますので、そちらの記事も合わせてご一読頂けると幸いです。

運動時のボトルにはこれがオススメ!キントーのワークアウトボトルを使って感じたこと。

【RIVERS】スタウト エア

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★☆

このボトルの特徴は飲み物だけでなく、アウトドアのときにグラノーラなどを運ぶフードコンテナとしての利用も想定して設計されている点にあります。

フタも本体と離れることなく管理できるので、運動時にこの設計はありがたいです。体力が減ってくるとそういった些細なことを考える気力もなくなってきますからね。

また商品名にあるスタウトとは頑丈という意味でボトルそのものの強度がかなり頑丈に生産されているため、ガシガシ落としてしまってもへっちゃらなんです。

【nalgene】クリアボトル

  • デザイン :★☆☆
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★★

見た目はちょっと量販チックな感じなのですが、口が広かったり、ボトルそのものがめっちゃ軽かったりと運動するにはぴったりなボトルです。

商品の種類やカラーも豊富にあるので、それぞれの運動スタイルにあったサイズ感を選ぶことが可能です。価格もこなれているので、ランナーやジム通いの人などこれを使っている人をめっちゃ見ます。

【vitantonio】ツイスティー

  • デザイン :★★☆
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★★

これは運動用というよりも気軽に紅茶やお茶を楽しめるボトルです。茶葉とお茶を分けておくことができるので、好みの濃さを調整して持ち出すことができます。

しかも本体は真空二重構造のため持ち上げたときに温度を感じることなく利用できます。それぞれパーツが細かくわけられるので、手入れも楽ちんです。ただ、真空二重でも保温・保冷ができるわけではありません。

【BRITA】フィル&ゴー アクティブ

  • デザイン :★★☆
  • 手入れ    :★★☆
  • 機能       :★★★

BRITAの浄水器を手軽に持ち運びできるボトルです。日本の水道水はほとんど安全なのですが、公園の水を飲むとなると少し気が引けてしまったりするときもありますよね。

そんなときにこのボトルを使えば常に浄水されためちゃ綺麗な水を飲むことができます。

ランニングしていて水を飲み干してしまっても、そこらの公園の水飲み場でお水をくめば良いので、ものすごくエコ且つ残量を気にすることなく水分を補給することができます。カートリッジを利用しなくてはいけない点が手入れの点で満点にならなかった要因ですね。

Advertisements

子供用ボトル部門

この部門のそれぞれの評価基準は

  • デザイン :子供が使ってかわいいかどうか
  • 手入れ    :洗う時を考えて(食洗機利用も含む)
  • 機能       :持ち運びやすさ、強度、保冷機能など

という基準で評価していきます。

【KINTO】プレイタンブラー

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★☆
  • 機能       :★★☆

上でも述べているトラベルタンブラーを子供でも使えるようにストロータイプにして容量を少し減らしたものがこのプレイタンブラーです。基本的な機能はトラベルタンブラーとほぼ一緒ですが、持ち手がついたりと飲み口のところがちょっとだけ凹んでいたりと子供向けにリデザインされているものです。

子供用とはうたっているものの、大人が使用してもなんら問題はありません。むしろカラフルでこっちの方が外しに良いかもって思うところ。

【thermo mug】アニマルボトル

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★☆
  • 機能       :★☆☆

カラバリという名の様々な動物達の展開があるので、どれかはお好きなデザインがあるはず。飲み口はストローとなっており、ストローが劣化してもそれだけで購入することが可能です。

また、動物のデザインのカバーがクッション性があるので、落としたり雑に扱われてもボトルや床などに傷がつくのを防いでくれます。

ただ、商品によっては液漏れが激しかったりとある意味ギャンブルなので完全な見た目重視とだけ言っておきましょう。

【Hydro Flask】ハイドレーション for Kids

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★☆☆
  • 機能       :★☆☆

子供用に飲み口がストローになっていますが、アタッチメントを代えるだけで大人も利用できるボトルに早変わりします。つまり年齢を追って利用できるので長い目で利用することができます。

海外ブランドのため気持ちボトルそのものが重たかったりしますが、車の理論と一緒でその分本体が頑丈に作られていますので、簡単に凹んだりすることはないです。

ただ、外国のブランドにあるあるな、ちょっと細かいところが雑だったりすることもあるので商品によっては塗装が甘いこともあったりします。まぁ要するに、色合いは可愛いよねってことですね。

【SKATER】ペットボトルキャップやコップ

  • デザイン :★☆☆
  • 手入れ    :★★☆
  • 機能       :★★★

見た目はいまいちなんですが、機能は抜群に良いんですよね。正直まともに利用できる子供用のボトルって今の所あまりない状態なのでペットボトルにコップなりストローをつけることが一番使い勝手は良いです。

保冷などの効果はありませんが、冷たすぎると一気に飲んじゃったりするので保冷効果もほどほどの方が実は良かったりするんですよね。

【DESIGN WORKS ANCIENT】POKETLE

  • デザイン :★★☆
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★★

始めてこれを見た時は誰向けのボトルなの?と思っていたのですが、これがなかなかに人気の商品なのです。保温保冷効果もあるため汎用性が高いみたいで、ミルクを作るためにちょっとお湯を持っておきたいときに利用するときに便利なんですって。

あとはご高齢の方が350mlも飲み物入れたら重たくなるから小さいボトルで十分と考える方が多いみたいでそういったニーズに応えられるとのこと。

お孫さんと遊ぶときに自分用とお孫さんようと2つ用意してもそれほど重たくならないという点でこのボトルは重宝します。

デスクのお供にタンブラー部門

この部門のそれぞれの評価基準は

  • デザイン :カフェで使用して映えるかどうか
  • 手入れ    :洗う時を考えて(食洗機利用も含む)
  • 機能       :持ち運びやすさ、強度、保冷機能など

という基準で評価していきます。

【マインドアート】stojo

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★☆
  • 機能       :★★☆

本体のシリコン部分を折りたたむことでコンパクトになり持ち運びが容易にできるタンブラーです。シリコン製のため温度が伝わりやすいのですが、それを回避するためのスリーブがあるから問題なし。

シリコン製のストローも一緒に折りたたんで持ち運びできるところがポイントです。なんせ見た目超かっこいいので、こんなの使ってカフェにいたら注目の的です。

折りたたんでしまえば持ち運びはスムーズです。中身が入ったままで持ち運びは手でするしかありませんが。

【RIVERS】ウォールマグ

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★☆
  • 機能       :★☆☆

この見た目なのに二重構造になっています。保温保冷の効果はほとんどないのですが、手に持ったときに温度を感じずに利用できるところが良いところ。

滑り止めが底面についていたりとデスクや車で利用できます。見た目がかっこいいので、これも注目の的になりそうですね。

これについては個別の記事がありますので、そちらをご一読頂けたら幸いです。

リバーズのウォールマグを徹底レビュー!良い点・悪い点を合わせてご紹介

【キントー】TO GO タンブラー

  • デザイン :★★☆
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★☆

コーヒーのテイクアウトにマイタンブラーを使おうよという考えの元に開発されたタンブラーです。テイクアウトのことを海外ではTO GOといいます。

機能的には上で述べていたトラベルタンブラーとほぼ一緒なのでボトルがタンブラーになったという認識。表面はマットな加工を施しているので、置いてあるだけでも上品に感じます。

飲み口も熱いものが一気に出てきて火傷をしないように少し狭めに設計してあるなど優しい仕様です。ただ、飲み口をフタすることができないので持ち運びは手でするしかないところがちょっとめんどくさいところ。

これについての記事も書いておりますので、ご一読頂けたら幸いです。

KINTOのTOGOタンブラーはスタバでも使えるオススメのおしゃれなステンレスタンブラーです

【STANLEY】GO SERIES 真空タンブラー

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★☆

アウトドア好きにはおなじみのブランドのスタンレーからもタンブラーが販売されています。真空二重構造で温度キープなどをしっかりとしてくれます。

特徴はフタにあり、スライドするだけで飲み口が現れるので、使い勝手は抜群。ただ、スライド式な故にカバンの中に入れていたら引っかかって空いてしまって飲み物がドバーってなってしまうから持ち運びの点でちょっとめんどくさい場面がでてきます。

【thermo mug】モバイルタンブラー

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★★

他に紹介したタンブラーと違ってこのタンブラーはフタがスクリュー式で固定するタイプなので、飲んでいる途中でもカバンに入れて持ち歩くことができます。

注意すべき点はスクリュー式でフタをするが故に満タンに入れてもらうとフタで溢れてしまうという点です。真空二重構造なので温度のキープは問題なしです。しかも口も広いので手入れも楽にできるのでホントに悪い点が見当たりません。

〜番外編〜 お手入れの時にあると便利なもの

せっかくなので洗う時のことも考えてお手入れ用の商品も一緒にご紹介いたします!

【マーナ】水筒すき間洗いブラシ

  • デザイン :★★★
  • 手入れ    :★★★
  • 機能       :★★★

ボトルやタンブラーには細かいパーツがいくつかあるため、手で洗う際にスポンジでは洗いきれない箇所がでてきます。でも、この水筒すき間洗いブラシが1個あるだけですき間ブラシ・パッキン外し・すみブラシと3役こなします。

とりわけパッキンって外すの超めんどくさいので、これで簡単に開けられてついでに洗えるというだけで用意しておいた方が良い商品ですね。

【テラモト】tidy ボトル用ブラシ

スポンジみたいに泡立たないので洗っている感はそれほどないのですが、ボトルの底の汚れも先っちょのブラシ部分がなやかに曲がるためしっかりとかきおとします。サイズ的にボトルだけでなくピッチャーも洗えるスグレモノです。

【山崎実業】キッチンスタンド タワー

洗い終わったボトルをこれに引っ掛けるだけで水を切ることができます。ボトルの水切りグッズってそれに特化しているが故に1本しか水切りができなかったり、その他の用途がなかったりします。

しかし、このキッチンスタンドは4つのボトルを引っ掛けることができるため家族のみんなの分も一気に水切りが可能ですし、他にもポリ袋をセットして料理中の生ゴミのゴミ箱に早変わりしたり、使い勝手が抜群です。

おわりに

以上、僕のおすすめするマイボトル・マイタンブラーについてのお話でした。昨今、エコの観点から使い捨ての紙カップやプラスチックカップの利用を辞めよう!という運動が活発に行われていたりします。

確かに、その場で飲んで容器を捨てた方が楽っちゃ楽なのですが、それって自分よがりなことなんじゃないのかと最近思うようになってきました。子供が生まれたから考えるようになったのかもしれません。

未来のことを考えて地球のためにできることを1人1人が始めていくことも大切なんじゃないかなと思います。金銭面でも1,2年間マイボトルを利用していたらボトル分のお金は値引きされているはずです。この機会に簡単に始められることからとりかかってみてはいかがでしょう。

関連記事
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial