2019-04-17

運動時のボトルにはこれがオススメ!キントーのワークアウトボトルを使って感じたこと。

おじ
どうも、おじです。(@おじのツイッター)
つるちゃん
つるちゃんだよ!(@つるちゃんのインスタ)
おじ
つるちゃん、おじ最近太ってきたような気がするの
つるちゃん
知ってたよ。
おじ
えっ!?
つるちゃん
昔に比べてお腹のお肉がでてきた気がするよ
おじ
えっ!?

運動不足により体重増加

最近めっきり運動不足なのかすこしずつ太ってきました。
昔に比べたら運動する回数も量も減っているのにお菓子をついつい摘んでしまうのが大きな原因かと思われます。

何か運動をしないといけないと思ってはいるもののなかなか行動に移せない僕。子供が大きくなるまでにはスリムでかっこいいお父さんを見せてあげたいのに・・・

Advertisements

きっかけはDaiGoのYoutubeチャンネル

痩せたいなぁ〜、どうしようかなぁ〜と日々思っていた中でDaiGoのYoutubeを見ていた時にこんなものがありました。

ざっくりと結論を述べるとホエイプロテインを飲んでいれば必ずしも運動をしなくても痩せることができるという内容でした。

これなら僕でも始めることができるかもということでさっそくホエイプロテインを購入。その時に購入したのはこれでした。

しかも偶然にも純正ボトル付きのお徳用が売っていたのでそれを使ってみることにしました。


ついてきたボトルはこんな感じ

純正のボトルは使いにくい

プロテイン生活は牛乳と混ぜて飲むだけなのでめんどくさがりの僕でも苦なく続けることができました。

このプロテイン生活の効果があってなのかは定かではありませんが、実際に1ヶ月で1kgくらい痩せたのでそれなりに効果がありました。

飲んでいたから痩せたというよりもプロテインを飲んでお腹がいっぱいになっちゃったからトータルの食べる量が減ってその結果痩せたという体感です。

でも、僕には1つどうしても耐えられないことがあります。それはプロテインを混ぜるために振った後のフタの液垂れがひどいということです


↑フタに微妙に液体が残って↑

こんな感じに液垂れをする

これがとにかく僕にはストレスでした。なんとかならないかなぁと思って他のボトルを色々と探していたら良いものを見つけました。

見つけたのはワークアウトボトル

僕が見つけたのはこのワークアウトボトルというクリアボトルです。


これが見つけたクリアボトル

このボトルのメーカーは以前にご紹介したトラベルタンブラーを作っているキントーさん。

ペットボトルみたいなものだから液だれはしないだろうという理由で購入しましたが、使ってみると良い点がいくつかありました。

Advertisements

ワークアウトボトルの良かった点

このボトルの良い点は4点あります。

飲み口の口当たりが良い

前に使用していたボトルはフタを固定する溝が口にダイレクトに当たっていたため口当たりが良くありませんでした。


この溝のせいで口当たりが悪い

でもこのワークアウトボトルはその点を考えられていて、飲み口の部分には何も邪魔するものはありません。


溝は下半分だけ

溝が半分しかないおかげで口当たりが良くなっていることに加えて、フタを半回ししただけで簡単にフタを開けることができます。

運動中であればフタが開けやすいということはストレスが軽減されます。疲れて水分をすぐにでも取りたいのにフタが開かなくてイラつくこともなくなりますね。

計量のメモリがついている

ボトル本体の側面にはどれだけの容量を入れられるのかのメモリがついています。これを基準に水分の量を測ることができるためとても便利です。

また、その計量メモリの主張が激しくないためボトルのシンプルなデザインを損なうことがありません。

ちなみにこのボトルはおよそ480mlほど入ります。


控えめにメモリが書いてある

ボトル本体の口が広い

口が広いため液体を入れるのが容易です。また、氷なども簡単に入れることができます。

何よりも口が広いためスポンジがスイスイ入るため洗いやすいです。飲み口の部分もペットボトルの口よりも広く作られているのでこれらも洗いやすくなっています。

ただし、手が入るほど広くはないので基本はボトル洗いを使用しましょう。もしくは菜箸でスポンジを挟んで奥まで洗うなどといった方法で対応しましょう。


スポンジが楽に入るほどの広さ

食洗機が使える

食洗機での使用が可能ということは重要なポイントです。耐熱温度が80℃なため食洗機の性能によっては使えない場合もありますので、ご利用はご自宅の食洗機次第ということで。

とはいえ、大抵厳しい条件下で耐熱温度の設定をするのでほぼ問題ないはずですがね。

また、パッキンも取り外しが可能なので外して洗うことが可能です。

ワークアウトボトルの良くなかった点

ほとんど申し分ない商品だったのですが、個人的に良くなかった点も少々ありました。

ちょっとだけ重い

クリアボトルなのに何故かちょっとだけ重たいんですよ。なんでかな〜って色々とこねくりまわしていたら原因はフタとパッキンであることがわかりました。

フタに接着されているゴムの部分とパッキンが想像しているよりも少し重いです。このゴムはガッツリフタと接着されているためゴムだけを取り外しすことはできませんでした。

↑上部部分とボトル部分の重さはこの通り

とはいえ、しんどくなるほど重たいわけではないので、あえて声を上げてこの点よくなかったわぁというほどではありません。

レンジは使えない

プラスチック製品なので当たり前といえば当たり前なのですが電子レンジは使用できません。

商品の使用用途的には暖かいものに使用することはほとんどなさそうなのでデメリットとしてあげるほどでもないかもしれませんが、一応良くなかった点として。

Advertisements

おわりに

あのまま液垂れするボトルを使い続けていたら、それを理由にプロテインを飲まなくなっていたかもしれません。

道具をちょっとアップデートするだけでモチベーションを保つことできるのなら安いものです。

運動するときにこれを外に持ち出したら見栄えも良いのでファッション感覚で持つこともできます。そのためカラーもいくつかあるみたいです。お好きな色を選んでモチベーションを保ってみましょう!

つるちゃん
この機会におじと一緒に運動不足の解消をしてみましょう!

関連:ジムへの持ち運びにはこのシューズケースを

ランニングならボトルとイヤホンだけでも良いかもしれませんが、ジムに通うとなるとシューズを持ち運ぶ必要が出てきます。そんなときにはこのシューズケースがおすすめ。見た目の割に内容量と機能性があるので1つあって困ることはありませんよ!詳しくは下記のリンクをご一読いただけたら幸いです。

ジム用のシューズ入れにはこれが最適!シューズとタオルとドリンクがこれ1つで持ち運びが可能だよ!

関連:ボトルを選ぶにはこの記事が必須

運動用のボトルだけでなく普段使いのボトルについてまとめた記事もあります。ボトルやタンブラーって言ったって色々と種類があってどれを選んで良いのかわかんない!という方向けにオススメのボトルとタンブラーについての記事を上げております。

基準はまずは良いデザインということを最低条件に機能も効果的なものがそろっております。詳しくは下記のリンクよりご一読頂けたら幸いです。

【2019年版】カフェで使うマイボトル・タンブラーにはこれ!デザイン重視でおすすめをまとめてみました!

関連:運動時に保冷がしたいのならばこのボトルがオススメ

運動時のステンレスタンブラーならこのボトルがおすすめ。飲み口や底の部分に運動する人のことを思った設計がなされております。詳しくは下記のリンクよりご一読願います。

運動をする人にオススメする保冷もできる運動用のタンブラー。アクティブタンブラーで水分補給を。

この記事が役に立ったらSNSでシェアしてね!
関連記事
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial